社労士独立開業塾

 はじめまして。経営コンサルタントの山下勝也です。私はこれまで数多くの企業の経営指導、営業指導を行ってきました。その中で、初めて社労士事務所の営業指導をしたとき、私は衝撃を受けました。それは、社労士業界の営業手法が旧態依然とし、多くの業界では当たり前に行われている体系的なマーケティング戦略がほとんど見られないことでした。社労士は元々高度な専門知識を持っています。営業手法の見直しや切り口を少し変えるだけで、顧客を増やし、売上げを伸ばすことが可能です。
 私がお手伝いさせていただいた先生方の多くが、事務所開設を成功され、その後も、安定的な事務所経営をしておられます。今回の独立開業塾には、実際の社労士事務所の営業指導の経験をふんだんに盛り込みました。講座のアウトラインは以下にて紹介しております。この開業塾を受講された多くの方が、社労士事務所の経営者として、早期に成功されることを切に願います。

山下勝也


 社会の高度情報化により、これまで、資格者と依頼者の間にあった「情報格差」は、格段に狭まりました。このことが、資格者が依頼者から信頼を得ることを一層、難しくしています。このような世の中の流れを把握し、成功している社労士の違いはどこにあるのでしょうか?
 それを知るには、まず社労士の仕事の本質を正確に掴まなければなりません。本講座では、そうした社労士の本質をより深く解析していきます。


 1号業務と2号業務は、専門家としての価値を依頼者に認識させることが難しい業務です。また、その業務の性格上、スポット契約となりやすい仕事です。しかし、1号業務、2号業務であっても、他者と差別化し、サービスにオリジナルの付加価値を付けることも、顧問契約につなげることも可能です。
 そのためには、法律知識や各種申請の知識だけではなく、「ヒトに関するリスク管理のプロ」としての広範な知識とプレゼンテーション能力が必要です。独立開業塾では、社労士を「ヒトに関するリスク管理のプロ」とした場合に、必要となる知識や情報を体系的に解説すると同時に、身につけた知識を、依頼者を前にして、どのように活用していくのかまで指導していきます。そして、1号業務、2号業務のスポット契約を、依頼者の信頼を獲得し、顧問契約やアウトソーシング契約にまでつなげる力を養成します。


 3号業務の分野では、他の社労士だけではなく、他士業や人事労務専門コンサルタントなどとの競争にも勝ち抜かなければなりません。しかし、現実には営業力のある無資格のコンサルタントに仕事を取られている場面が多いのが実情です。この原因は、能力の差ではなく、社労士の提案力が弱いためです。競合他者に打ち勝つには、社労士が持つ優位性をアピールすると同時に(商品差別化戦略)、クライアント企業の問題点の明確化、原因分析、解決法の提案が必要となります。このために、独立開業塾では、社労士業界に特化したマーケティング手法の体系的理解や、提案書等を用いたプレゼンテーション能力の向上など、具体的事例を用いて競合他者に打ち勝つ営業力を養成します。

講演風景

<写真> 顧問先企業で講演する山下勝也氏